テーマ:競馬

有馬記念 反省会

中山の2500mなんかで、グランプリやるの、もう辞めない? 力どおりに決まらないもの。コースがいびつなのかな。 なんで、マツリダゴッホが勝つの?ダイワスカーレットなら解るけど。 何かジャパンカップと比べると見劣りするんだよな。 レゴラスなんて準オープンだよ。そんな馬出んなよ。 なんかスッキリしない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイルCS反省会

それにしても当たらない。ダイワメジャーに年齢的な衰えはなかった。 というか他の馬がだらしない。ステキシンスケクン、コンゴウリキシオーが出走していれば、 こんなに楽な流れにはならなかったろうに、ダイワメジャーを潰そうとする馬が1頭も いないのは、悲しい限りである。マイルのG1って、もっと厳しい流れにならないとねぇ。 ハイペース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス女王杯 反省会

ウォッカが発走除外になった時点で嫌な予感がした。 ダイワスカーレットは勝つが、相手が抜け目になる… 恐れていたことは現実となった。スローペースで淡々と逃げるダイワスカーレット。 それを道中交わそうとしない他の馬…。 結局、ダイワスカーレットは逃げ切り、3番手にいたフサイチパンドラが2着。 おそれていた抜け目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後味の悪い結末 天皇賞(秋) 反省会

スタートして最初の1000mで、位置取りから「前が開けばメイショウサムソンが勝つな」と思った。やはり外枠は不利でダイワメジャーは思ったより前にいけなかった。ポップロックは後方、アドマイヤムーンの切れ味だけが怖かった。 エイシンデピュティの斜行による不利は有力馬にとって致命的だった。アグネスアーク、アドマイヤムーン、ダイワメジャー、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊花賞 反省会

アサクサキングスは、勿論予想の中に考えていた。 ただクラシックを勝つにはスケールが小さいと思い、目数も増えるので切ってしまった。 なにせ当たる気がしなかったので、最小限の出費に抑えたが、15点くらい買わないと アサクサキングスーアルナスラインの予想は出てこなかった。 アルナスラインって古馬G2で3着(しかも前はインティライミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3強で決まらなかった理由

秋華賞はダイワスカーレットが勝ったものの2着は3強以外の馬(レインダンス)が食い込んだ。 正直言って、ウォッカはダイワスカーレットをマークする乗り方をすると私は思った。 ベッラレイアにしても同様である。(ただし、武豊の性格だとああいう乗り方になるのかな) これでは、ダイワスカーレットに勝って下さいと言うレース内容だ。 特にウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリンターズS 反省会

まぁ、結果から言ってしまえば、雨の量を読み違えたって所でしょうか。 正に行った者勝ち。そんな感じのレースでした。強いてあげればサンアディユ無印は失敗だったな。前走が走りすぎだと思ったんだよね。 わがプリサイスマシーンも雨に泣いた口でしたね。もう少し前で競馬したかったができなかった…。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウォッカ凱旋門賞回避

このニュースを聞いて、「やっぱりな」と私は思った。 少しでも不安があったら、日本の3歳馬は凱旋門賞には出ないだろうと思っていた。なぜなら、日本には高額のG1レースが牡馬・牝馬ともに用意されているからだ。これがなければ、多少のリスクを冒してでも挑戦する意思はあるだろうけど…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はくぼ競馬のレース体系

どうしても理解できない。はくぼ競馬である。 小倉と函館だけあって新潟だけないのはなぜか? しかも、レース順がぐちゃぐちゃである。新潟4レースが終わったら、函館3レースなんて理解できない。こう思っている人は結構多いはずだ。 新潟もはくぼにして、レース順をそろえて欲しい。どこが最初で、どこが最後でもいいから。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武豊 JRA新記録2944勝

ついに、この日がやってきた。 私が見てきた中で1番うまいと信じていた岡部騎手の記録2943勝が、武豊によって破られた。 武豊は1年目から名人・武邦彦の息子ということで、いい馬に乗せてもらった。そして結果を残してきた。思い出のレースを上げれば限はないが。オグリキャップとの攻防がクライマックスだったかな。 今年はおそらく何年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカル競馬

ローカル競馬…競馬ファンでも夏休みの人は多いだろう。 私の場合は、マヤノトップガンの子供が走るかどうかチェックして、PATで買うか、東京競馬場まで出向いて購入するかどちらかである。 大きなレースがないとやはり盛り上がりに欠ける。冬の場合、雪の影響もあるのでそうそう大レースは組めないが、夏なら北海道で何か大レースがあってもいいよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走れ!ユキチャン

明日、新馬戦で白毛馬が登場する。その名も「ユキチャン」 ただでさえ、白毛だけで応援したいなのに、名前が、ゆきおの私にとって「ユキチャン」とは…。 買わねば、紙くずになろうとも。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムソン 武豊で凱旋門賞へ

タイトルのとおり、メイショウサムソンは武豊騎手に乗り替わり、凱旋門賞に向かうことになった。 石橋守騎手をこれまで、ずっと騎乗させてきたのだから、海外競馬に精通しているからといって武豊に替える必要はあるのだろうか? 武騎手は過去に昨年のディープインパクトを含めて1番人気で3回(記憶違いだったらごめん)勝っていない。マークされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松田博資調教師

宝塚記念のアドマイヤムーンの鞍上が、武豊から岩田に代わった。これ自体は、ダービーのアドマイヤオーラと同じなので、そんなに驚くことではない。 しかし、この調教師は、以前にも1回の失敗(調整ミスかもしれないのに)で、藤田伸二を永久に乗せていない。この分だと、岩田にしろ、安藤勝にしろ、1回ミスしたら乗り替わりだろう。 さらに自分の厩舎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道スプリントカップ結果

北海道スプリントカップ(ダ、1000m)は、旭川競馬場で行われ、アグネスジェダイが優勝した。 プリサイスマシーンは、2着に入着したが、ローテーションはこれでいいのか? 確かにダートも走るけど…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョッキーランキング

いわゆるリーディングジョッキーではなくて、「競馬ブック」に載っていた連対率や、回収率等を基にジョッキーランキングを作成した。馬券の参考になれば幸いである。 (ランキング) 1.安藤勝巳 2.藤田伸二 3.後藤浩輝 4.岩田康誠 5.田中勝春 6.武豊 7.横山典弘 8.北村友一 9.武幸四郎 10.蛯名正義 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白毛馬 ホワイトベッセル敗れる

白毛で初めて勝利を挙げたホワイトベッセルが、東上してきた。 後藤騎手に乗り替わり、2番人気だったが、スタートで後手をふみ、いいところなく11着に終わった。 だが、雨降る中パドックでホワイトベッセルは輝いて見えた。神々しいという感じだ。また、秋になったら府中に来て欲しい。今度は、晴天の中でレースをさせてあげたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安田記念 ダイワメジャーが優勝。

安田記念は外国馬4頭を含む18頭フルゲートで行われ、ダイワメジャーが粘るコンゴウリキシオーを直線で、クビ差交わして、4つ目のG1をゲットした。 誰もほめてくれないから、自分でほめる。 昨日の予想が○◎でズバリ。厚めに買ったけど、20倍も配当が付いてビックリ。外国馬は余計だったね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安田記念 枠順決まる

波乱が続いている春のG1。今週も外国馬が4頭出走して波乱ムードのなか、枠順が発表された。 注目のダイワメジャーは1枠2番。スズカフェニックスは4枠8番。外国馬は、去年3着のジョイフルウィナーが5枠9番。グッドパパが2枠4番。ザデュークが3枠6番。エイブルワンが8枠17番に入った。 まったくわからん。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダービーはウォッカが優勝 勝因と敗因

結果については、もうご存知だと思うので、ウォッカの勝因と、フサイチホウオーの敗因について少し書きたい。 ウォッカの勝因は井崎センセーも言っていたが、1マイルを1分33秒1で走る絶対能力に尽きる。せめて、ダービーに照準を絞るなら、桜花賞をパスして、青葉賞か2000mのフローラSでも いいから1回府中で走るのか見たかった。そうすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダービー予想

フサイチホウオーで負けられない。 1番強い馬が、1番いい騎手で、1番人気なのだからこれはしょうがない。 相手探しが難しいが、皐月賞で乗り方を誤り、騎手を武から岩田にした アドマイヤオーラが一番怖い。 次に怖いのは皐月賞馬ヴィクトリー。ここ一番のブライアンズタイム産駒の 勝負強さは怖い。今度は目標になるので3番手。 くさいのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オークスはローブデコルテが優勝。

オークスは5番人気のローブデコルテが、ハナ差で1番人気ベッラレイアを差しきり、優勝した。 3着はラブカーナ。馬連は2-7で、1,640円。3連単は2-7-12で、57,000円。少し固くなってきた。マヤノトップガン産駒で牝馬クラシック初出場のハロースピードは11着。2番手を走っていたので、気性的にマイラーのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィクトリアマイルCも波乱 コイウタがV

ヴィクトリアマイルCは、良馬場で13日行われ、12番人気の伏兵コイウタが1分32秒5で優勝した。 2着には逃げたアサヒライジング、3着にデアリングハートが入り、馬連3-4は、30,740円。3連単4-3-16は、2,283,960円の大波乱となった。 それにしても、カワカミプリンセスはどうしたのだろう?スイープトウショウより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京王杯スプリングCはエイシンドーバーV

京王杯スプリングCは、1番人気が6倍を超える大混戦の中行われたが、結局エイシンドーバーが1分20秒0のレコードで優勝した。 レースはマイネルスケルツィが、2ハロン続けて10秒台のラップを刻む緩みのない流れとなった。勝ったエイシンドーバーは2度目の重賞制覇。2着は伏兵シンボリエスケープ、3着にオレハマッテルゼ。1番人気のプリサイスマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都新聞杯はタスカータソルテ

15頭が、最後のダービー切符を賭けて行われた京都新聞杯は、岩田騎手のタスカータソルテが勝ち、ダービー出走に必要な賞金を加算した。 バラバラの展開の中、最後の直線を抜け出したのは、武豊のフェザーキープをマークしていたように見えた岩田騎手のタスカータソルテだった。2着は人気薄ロードプレステージ、3着はサンライズベガ。 馬連は2-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞はメイショウサムソン 3つ目のG1勝利

天皇賞(春)は、2番人気のメイショウサムソンが直線ハナ差で、エリモエクスパイアを退け、通算3度目のG1制覇を成し遂げた。 レースは中だるみのペースがあった割に、3分14秒1の優秀な時計での決着となった。2着はエリモエクスパイア、3着はトウカイトリック、1番人気のアイポッパーは4着に終わった。 配当は馬連6-16で20,750円。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青葉賞 ヒラボクロイヤルが差し切る

青葉賞は、突然の雷雨の中、行われた。1番人気が1勝馬のオーシャンエイプスに推される本命不在の混戦を制したのはヒラボクロイヤル。 2着に人気薄のトーセンマーチ、3着にフィニステールが入線し、ダービーの出走切符を手にした。 配当は3連単11-10-1で、594,830円と大荒れの結果。馬連でも10-11で、32,140円でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇賞(春) 枠順決まる

天皇賞(春)が、29日京都競馬場で行われるが、出走16頭の枠順が発表された。 主な出走馬の枠順は以下のとおり。 1枠1番 マツリダゴッホ 3枠6番 メイショウサムソン 4枠8番 アイポッパー 5枠10番 トウショウナイト 7枠14番 ネヴァブション 8枠15番 デルタブルース ちなみに、天皇賞(春)に登録のあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京競馬場 入場人員と売り上げ

新装された東京競馬場の初日、2日目の入場人員と売り上げ比が発表された。 入場人員は、初日が49,080人(前年比152%)、2日目は60,078人(前年比161%)、売り上げが約81.7億(前年比100.7%)、2日目が139.5億(前年比109.4%)でした。 この結果を私なりに分析すると、やはり新スタンドの見学が多く、残念な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョッキーマスターズ 河内騎手優勝 

東京競馬場の改装を記念して、最終レース終了後に「ジョッキーマスターズ」が特別に行われた。 このレースの参加資格は、現役を引退した過去にダービーかオークスを勝った騎手に限られ、9人のジョッキーによる叩きあいの結果、河内騎手が優勝した。 ちなみに2着は本田騎手、3着は安田隆騎手でした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more